会話

サロンの規模はどうであれば、サロンワークを行う上で、お客さまとセラピストとの会話はとても重要なポイントになります。
その顧客に合わせた話し方や会話の内容が大切なので、接客技術は施術技術と同じくらいしっかりと学ぶべきところです。

自分がサロンに足を運んだときにもわかるかと思いますが、一緒にいて心地よいと感じるサロンスタッフは、みなさんとても穏やかで、癒やしのオーラを持っていますよね。
アメ横で食材のたたき売りをしているようなノリの方はまずいらっしゃらないでしょう。
あれは、その方の持った人間性も多少は関係してくるかと思いますが、顧客に心地よい環境を提供するためにセラピストが意識的に行っている部分も大きいです。
たたみかけるような話し方はしない、顧客の話をすべて聴き終わってから自分の話を進めるなど、接客のマナー的なものがあって、それを実行されているのですね。

会話だけではなく、小さなものでも、そこここに顧客が喜ぶようなサービスをちりばめるのもポイント。
来店してくだった顧客に、「今日は◯◯様のために、新しいブレンドをつくってみました」など、特別感のある会話をすると、顧客はやはり喜んでくれます。
こうしたちょっとしたことで、顧客が受ける感覚というのはまったく変わってきますので、いろいろな工夫をするとよいですね。
とはいえ、あまり過度にへりくだったり、無理のあるサービスをするのは逆効果ですので、あくまでもバランスよくすることが大切。
このバランスも、接客能力のひとつといえるでしょう。

これからセラピストとして仕事をしたいと考えている方は、まず相手の話がすべて終わってから、自分が話し始めという練習をしてみるとよいと思います。
いつも相手の会話に自分の会話をかぶせてしまうわけではなくても、つい相手よりも先に話してしまおうとするのは誰でもあることです。
また、お互いが同じタイミングで話題を切り出してしまったときに、自分の話題を押して会話を始めようとするのもよくあること。
これはサロンワークの中ではあまりよろしくありませんので、会話の出だしがかぶってしまったら、相手に先に話していただくように習慣づけると、サロンでも顧客に不快感を与えない接客ができると思います。

こうした接客のテクニックというのは、前述した内容以外でもいろいろあります。
そしてその顧客によっても受け取り方がかなり違ってきますので、その顧客はどんなタイプの方で、どのような接客を望んでいるかということをしっかりと理解することが大切。
接客技術の書籍などもたくさん出ていますので、そういったものを活用しながら勉強することもおすすめです。

Comments are closed.