セラピストの一日

セラピストの一日は、サロンの掃除から始まります。
前日の営業終了後にも、ある程度の掃除や片づけはしておきますが、翌日にはさらにホコリが落ちていたりすることがあるので、きれいに床を掃除し、鏡を磨いて、ピカピカの居心地の良い状態にしてから、お客さまをお迎えします。

掃除の後は朝礼を行い、本日の周知事項や目標についての発表を行います。
一人ひとりがその日の目標を定めて仕事をすることで、毎日のモチベーションを保てます。
「丁寧な施術をする」とか、「お客さまの状態をよりきちんと把握する」とか、小さい目標でも、達成できるとうれしいものです。

営業開始後は、予約のお客さまをご案内したり、施術をしたり、スケジュールが入っていればアロマテラピーの講座を行ったりといった業務に入ります。
その日によっていらっしゃるお客さまの状態はさまざまですので、お客さまに合った香りを選んだり、施術を行うことが重要。
一人ひとりのお客さまのなりたいボディや、不調に思われていることなどを丁寧にヒアリングし、それに合った施術を行います。

ランチは交代で、外に行くことはほとんどありません。
お弁当を持ってきたり、コンビニやデリでランチを購入して休憩室でいただくことがほとんど。
日中はかなり忙しいので、1時間まるまる休憩をいただけるということはあまりなくて、食べ終わったらすぐに仕事に戻る感じ。
ですが、暇な時はフロントでおしゃべりをするような時間もあるので、まるまる一時間の休憩がなくても、まあいいかなと思います。

就業までお客さまの施術や予約の受付業務などを行い、営業が終了したら、片付けと終礼を行います。
本日の売上の発表や、朝掲げた目標は達成できたかなど、一日の業務を振り返ります。
反省点があれば明日に活かし、目標を達成できたら、明日はもっとレベルアップできるように自分の仕事について考えます。
その後、使った用具の手入れや片付けをざっとして、一日のお仕事は終了です。

土日はかなり忙しいので、ゆっくり静止しているときがないほどですが、平日の一部の時間帯では割とのんびりしていることもあるので、メリハリがあります。
もっと全体的にのんびりしたサロンもありますし、もっと忙しいサロンもあると思いますが、平均的になこのような形で一日が過ぎていくサロンが多いのではないでしょうか。
そのほか、時間外に新しい施術の講習や、商品についての講習が行われる日もあります。

Comments are closed.