仕事内容

miniアロマセラピストは、アロマテラピーを用いてお客さまの心身の不調を改善し、体をよい状態にして差し上げるのがお仕事になります。

特に何か資格がなければ就職できないというわけではありませんが、最近は民間の資格がかなり充実していることもあり、セラピストを目指す方はだいたい資格を習得されているため、資格を持っている方のほうが就職に有利であるということはいえるかもしれません。

セラピストの職場

セラピストとしての働き方はさまざまですが、代表的なのはアロマテラピーサロンで働くという形だと思われます。

特にアロマテラピーを仕事にするのが初めてという方は、まずはサロンで働いて、仕事の一連の流れや接客技術などを学ぶとよいでしょう。

次に、サロンワークを経て独立する方。店舗を借りてサロンを運営する方もいらっしゃれば、自宅の一室をサロンに改良し、おうちサロンの経営を行う方も最近は増えています。
店舗を借りると家賃などのリスクがある上に開業までのコストがかなりかかってしまいますが、おうちサロンであればかなり低予算で開業することができる上にリスクも少ないので、自分の顧客をもっているという方は、おうちサロンのほうが取り掛かりやすいです。

また、フリーランスとしてお客さまのご自宅に直接伺って施術をしたり、依頼があっていろいろな施設に出向き、施術を行うという形をとっている方もいらっしゃいます。

サロンワークの一日

代表的な働き方であるサロンワークの一日の流れは、開店30分から1時間前に出勤し、朝の準備や予約の確認、朝礼などを行います。
開店後お客さまが来店するたびに施術や接客などの対応を行い、合間にカウンセリングや予約受付などの業務もこなします。
閉店後は片付けをして終礼をして帰宅、という流れが一般的です。

一般的なサロンの勤務時間

アロマテラピーサロンの勤務時間はサロンによってさまざまですが、繁華街やオフィス街になると遅くまで営業しているところが多いです。
また土日休みのサロンはまずないと思われますので、シフトを組んで出勤する形が一般的です。

百貨店やショッピングセンターなどの施設にサロンがある場合は、その施設の営業時間に準じます。
月に1回程度は土日の休みがとれるところが多いかと思われますが、OLさんのような働き方はできませんので、オフィスワークからセラピストへ転身しようと考えている方は、ライフスタイルがかなり変わってくるでしょう。

セラピストの求人

セラピストの求人は、さまざまな媒体に掲載されていますが、インターネットの求人サイトで探すと便利です。
美容系の求人だけを集めたサイトが以下になり、求人情報を見つけやすいことから人気があります。
未経験者歓迎の募集も多いので、アロマセラピーを仕事にしたいと考えている方は、是非チェックしてみてはいかがでしょう。

またセラピストの仕事内容について、下記ページでより細かく紹介しています。
どんなことをするのか、どんなスキルが必要なのか、より詳しく知りたい方はぜひ下記ページをチェックしてみて下さい。

仕事内容の種類

マッサージ
オイル作り
会話
セラピストの一日

Comments are closed.