種類・効能

アロマテラピーとは、アロマオイルの香りを用いて心身の不調を改善するというセラピーのことをいいます。
オイルには本当にたくさんの種類があって、その種類と効能を一度に解説するのはとても難しいので、ここでは最初に揃えるとよいと思われるアロマオイルと、その効能についてご紹介したいと思います。

参考サイト:アロマオイル一覧

ラベンター

まず、一番最初に揃えるとよいのはラベンターではないでしょうか。
たくさんの方に好まれる香りで、安眠効果やリラックス効果など、現代を生きる女性が多く悩んでいる不調を改善してくれる香りです。
ラベンターにはいろいろな種類がありますので、いくつか香りを嗅いでみて、お好みの香りを見つけてください。

ローズマリー

お料理にも使われることの多いローズマリーは、アロマテラピーの世界でもとっても活躍しています。
集中力や記憶力を高める効果や、心身をリラックスさせてくれる効果があるので、仕事で一息つきたいときに香りを嗅ぐとリフレッシュできます。
いろいろなアロマオイルにブレンドして使われることの多い、汎用性の高いオイルです。

スイートオレンジ

フルーツの香りを嗅いだだけでもうっとりしてしまうオレンジ。
オレンジの香りには、緊張をほぐして下向きな気持ちを改善させてくれる効果があるといわれています。パニック障害の症状が改善されたという例もある、非常に効果の高い香り。
このアロマオイルもいろいろなアロマオイルとブレンドして使うことでより魅力が引き立ちますので、アロマテラピーを楽しまれている方は、もっていることが多いです。

グレープフルーツ

スッキリとしたグレープフルーツの香りは、ダイエット効果があるということで一躍有名になりました。
食欲をコントロールしてくれる効果があるほかに、リフレッシュ効果もあるので、気分転換をしたいときにも適しています。
すっきり目覚めたいときにも有効なので、寝起きに焚くとお目目パッチリに。

ユーカリ

ユーカリはリフレッシュ効果があるほかに、喉によい香りであるといわれています。
そのため、ユーカリのアロマオイルを喉のお手入れに使うスチームに入れて喉にスチームをあてると、スッキリしてとても調子がよくなるのだとか。オペラ歌手など喉を使う仕事をしている方が、この方法を愛用されているそうです。

ティーツリー

ティーツリーも、高いリフレッシュ効果があるといわれています。
こちらもさまざまなアロマオイルとブレンドすることで、より高い効果を発揮しますので、一本持っているととても便利です。
仕事中リフレッシュしたいときに、手首にそっとオイルをつけて香りを嗅ぐと、気分はすっきり爽快。
こうした気分転換に使うよう、ロールオンタイプのアロマグッズも販売されているほど。

これらのアロマオイルをまずは揃えておくと、ブレンドしながらいろいろな香りを楽しめますし、使い方の幅がとても広がるのでおすすめです。

Comments are closed.