アロマオイルの抽出法

アロマオイルの抽出方法にはとてもいろいろな種類があります。
これからセラピストを目指したいと考えている方は、アロマオイルの抽出方法について把握しておくとよいと思いますので、ここで、その代表的な抽出方法と、その抽出方法によってできるオイルを方法別にご紹介しますね。

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法は、いろいろなアロマオイルをつくっている代表的な抽出方法です。
花などの植物を専用の釜に入れて水蒸気を入れると、精油の部分と水の部分に分かれます。その精油の部分を取り出して、アロマオイルとします。
多くの植物はこの方法でオイルを抽出できますが、熱を与えるなどの処置を行うので、植物によってはこの方法だとオイルを抽出できないものもあるので、そういった植物は、違った方法で抽出します。

圧搾法

文字通り、絞ってアロマオイルを抽出する方法です。
これは、オレンジなどの柑橘類やベルガモット、マンダリンなどのアロマオイルを抽出するときに用いられる方法です。
柑橘類は精油の取り出し方が簡単なので、絞って抽出することができます。
圧搾法なら熱を加えたりすることがないので成分を損なうことなくオイルを取り出せるのがポイントです。

油脂吸着法(アンフルラージュ法)

水蒸気蒸留法だとエッセンシャルオイルの成分が壊れてしまうときに使われるのがこちらの抽出方法。
特殊な溶剤を入れたところに植物を入れ、オイルの成分が固まって出てきたものを、アルコールを蒸発させてアロマオイルの成分だけ残すという方法です。
この方法だと、植物のアロマ成分を傷めずにアロマオイルを取り出すことができるので、とても良質なオイルができます(その分手間がかかります)。
ローズ・オットーやローズアブソリュートというアロマオイルが、この方法で抽出されます。

油脂吸着法(マセレーション法)

こちらの方法は、現在は溶剤抽出法が用いられているのであまり使われなくなりましたが、当時ジャスミンなどを抽出するのに使われていました。
熱に弱い植物のアロマオイルを抽出するのに活用されていた方法です。
ガラスの板に動物性の脂を塗ってその上に植物を置き、アロマ成分が脂に移ったら新しい植物と交換する、という方法を繰り返してオイルを取り出します。
その後エタノールを加えてアロマ成分をエタノールに移し、その後エタノールを蒸発させてアロマオイルだけ残ったものを完成品にする、というやり方ですが、かなりの手間がかかるので現在はほとんど行われていないようです。

このように、アロマオイルの抽出にはさまざまな方法があり、植物によって適したやり方が使われています。
一般的な方法でもかなりの時間と手間がかかっているのがわかりますので、アロマオイルが少量でもお高いというのも理解できます。

Comments are closed.