冬のアロマの活用法

アロマテラピーは、夏だけでなく冬にももちろん活用していただけます。
冬は寒さから窓を開けて空気の入れ替えをする頻度が減りますので、空気をリフレッシュさせるためにも、冷え対策のためにも、アロマテラピーは大活躍。
ここで、そんな冬のアロマテラピー活用法をご紹介したいと思います。

まずは空気のリフレッシュ。
冬は空気が乾燥しますので、加湿器を焚いたり、空気清浄機で空気をきれいにし、雑菌の予防に努める方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、ユーカリのエッセンシャルオイル。
ユーカリには空気をリフレッシュさせる効果の他に、優れた抗菌作用がありますので、加湿器に数滴加えたり、エタノールを使ってルームフレグランススプレーをつくり、直接空間にスプレーしてもよいと思います。
ユーカリに少しだけレモンやグレープフルーツの香りを加えると、集中力がアップして、受験勉強の気分転換にも役立ちます。

次に、冬はとにかく体が冷えてしまいますので、冷えとりにアロマテラピーを使ってみましょう。
手軽に体全体を温めるのにおすすめなのが、「足湯」。洗面器に集めのお湯を入れて、足首まで浸かるだけで、体全体が温まります。
ここに冷えとり作用のあるエッセンシャルオイルを入れることで、さらにポカポカ度がアップ。

効果的なエッセンシャルオイルは「オレンジスイート」。
オレンジスイートの香りは、血行をよくするといわれていますので、足湯の洗面器に数滴入れれば、さらに温浴効果がアップします。
オレンジスイートを使ったバスソルトをつくって、お風呂で使用するのもよいですね。

このオレンジスイートは、ホホバオイルを足して、リンパマッサージなどに使っても効果的です。
リンパマッサージは血流をよくするのはもちろん、体の不純物を外に排出してくれるので、体のめぐりがよくなって、体温の向上にも効果を発揮します。
できればお風呂のときに毎日行うとよいですが、難しい場合は週に1、2回だけでも行うようにすると、体調が明らかに変わってきますよ。

冬のアロマテラピーも、いろいろなところで活躍してくれますね。
特に加湿器を使う機械が増える冬場は、エッセンシャルオイルを加えることで、その日の体調にあわせていろいろなアロマテラピーを楽しむことができますので、ぜひこの機会にたくさんのエッセンシャルオイルにチャレンジしてみましょう。
お気に入りのオイルが見つかったら、新しいブレンドレシピにチャレンジしてみるのもよいですね。

Comments are closed.